宅配キャンペーン   万一の備えに「保存水」   広口ボトルの秘密   ご注文はこちら   特定商取引法に基づく表示
ナチュラル・ウォーター「立山連峰の源流水」は、北アルプス立山連峰の雪解け水が地中にしみ込み、およそ百年とも言われる長い歳月をかけて育まれる天恵の名水です。

品名:ナチュラル・ウォーター
採水地:
富山県中新川郡立山町野村
原材料名:水(深井戸水)
災害時の備蓄用に開発された「北アルプス保存水」は、最長5年の保存期間を有します。ラベル裏には、災害伝言ダイヤル171の利用方法なども書かれており、万一の事態への備えに最適です

品名:ナチュラル・ウォーター
採水地:
富山県中新川郡立山町野村
原材料名:水(深井戸水)
北アルプス立山の湧水と、立山釜ヶ淵の特別栽培農産物(コシヒカリ100%)を原料に、独自の製法でじっくりと炊きあげた白がゆです。食品添加物は一切使用していません。

品名:米飯類(かゆ)
原材料名:精米(コシヒカリ100%)
特別栽培米コシヒカリ(100%)とその発芽玄米に、富山県利賀村産のヤマブシタケと富山湾の深層水。身体に優しい富山の素材を使って独自の製法で炊きあげた健康がゆです。

品名:米飯類(かゆ)
原材料名:精米、ヤマブシタケ、海水、発芽玄米
写真は6月の立山山頂付近です。

以外に雪が少ないですって?とんでもない(笑)
山頂付近は年中強風が吹いているために雪が「積もれない」のです。 この写真をとった位置あたりでは、まだ10メートル以上も積もっているんですよ♪ この雪たちが、ゆっくりと解けて静かに地中にしみ込み、長い長い時間をかけて、 「立山連峰の源流水」になるというわけなのです。

(またある日のBさんとAさんの会話)

Bさん:ねぇねぇ、Aさん。「立山連峰の源流水」のボトルってちょっと変わってるわねぇ

Aさん:そう?…あ、広口ボトルのことね?良いでしょコレ?


Bさん:うん、私最近、ご飯や煮物にもナチュラル・ウォーターを使うようになったんだけど、

Aさん:長時間保温してもご飯が黄色くならないし、煮物の味も良くなるでしょ?

Bさん:そうそう、で、お釜やお鍋に注ぐときにスムーズに中身がでて便利なの♪

Aさん:小さい口のボトルだと、妙に波打っちゃって注ぎづらいけど、広口だと楽よね

Bさん:コップに注ぐ時もそうね♪スムーズに出てくれないとこぼしちゃったりするし…

Aさん:それだけじゃないわよ。これからの季節特に便利な使い方もあるのよ。

Bさん:なになに?教えて?

Aさん:例えば…、今飲んでるこの麦茶なんだけど…ジャーン!!!

Bさん:あ〜♪コレってボトルに直接、水出しの麦茶パックをいれてるのね?

Aさん:大正解!!


Bさん:これだと、水の移しかえの手間も、お茶の容器を洗う手間も無いわね。

Aさん:広口ボトルなら、ちょっとパックを丸めて…ポン…後は冷蔵庫で冷やすだけ♪

Bさん:小さい口のボトルだと、…う〜ん、ダメね。全く入らないわ。

Aさん:水を出して使うにせよ。水に何かを入れて使うにせよ。広口の方が便利ってわけね。

Bさん:そうよね〜、でもAさん、おかしくない?

Aさん:何がおかしいの?

Bさん:だってそうでしょ?広口ボトルが便利なのは分かったけど、実際小さい口のボトルの方が…

Aさん:たくさん使われてる、って言うんでしょ?

Bさん:そうそう、小さい口の方が良い所が有るからそうなってるんじゃないの?

Aさん:う〜ん、有ると言えば有るし、無いと言えば無いのよねぇ。

Bさん:え〜、どういうこと?それじゃ分かんないじゃない。ちゃんと教えてよ〜

Aさん:小さい口のボトルは、広口のボトルよりも「安く作れる」のよ。

Bさん:へぇ〜、そうなんだ。…ってそれだけ?私たちにとってのメリットは?

Aさん:う〜ん、ちょっと思いつかないわねぇ…。メーカーやお店はその方が儲かるけど…。

Bさん:じゃあ何?私たちにとってはちっとも便利じゃない小口ボトルが「安いから」「儲かるから」で主流になっちゃってるワケなの?

Aさん:まぁ、そういう事になっちゃうわね…

Bさん:納得いかな〜い!!

Aさん:び、Bさん、お、落ち着いて。ね?

Bさん:だって〜

Aさん:『よ、余計なコトまで、教えちゃったかしら・・・(汗)』

・・・・・・
・・・




※1、本州エリアにお住まいの方を対象とした価格です。本州以外のエリアからのご利用には、別途追加料金が必要となります。(四国:+150円、北九州:+200円、南九州:+200円、北海道:+1050円)